よくある質問Q&A

不動産鑑定士とはどのような人ですか?

わかりやすく言えば「不動産の適正な価格を査定する人」です。不動産鑑定士は不動産の鑑定評価に関する法律に基づき認められた国家資格者です。私たち不動産鑑定士は、一般社会生活において発生する様々な不動産に関する問題について鑑定評価を通じて、解決のお手伝いをさせていただいております。また、地価公示や地価調査、相続税路線価等の公的価格査定において国や地方公共団体からの業務も行っております。

宅建業者さんの教えてくれる査定評価と不動産鑑定士の鑑定評価額との違いは何ですか?
不動産鑑定士による鑑定評価額は、不動産評価の唯一の国家資格である不動産鑑定士が、不動産鑑定評価基準で定められた手順に従い、基本的事項の確定、対象不動産の確認、地域分析、個別分析等の分析を行って、不動産鑑定評価基準に定められた各手法を適用して理論的に価格を求めたもので、客観的かつ適正な不動産の価格を証明するものとして、公的に証明力のある唯一のものです。
一方、宅建業者さんの査定価格は、相続税路線価地図等の資料や宅建業者さんの勘と経験に基づいて査定されたもので、理論的な手順に基づいて査定されたものではなく、公的な証明力は有しません。もちろん、実際の不動産市場で培った勘と経験は重要で、両者の価格は結果的に同一の場合があるかもしれません。
しかし、評価手順の透明性、理論性及び説明性等の点において両者は根本的に異なったものといえます。
税理士さんが教えてくれる不動産価格と不動産鑑定士の鑑定評価との違いは何ですか?
税理士は税務上の土地評価を行いますが、それは税法上の規定に基づき査定した金額であり、税務上適正であっても、不動産市場における適正な価格と一致しているとは限りません。
不動産鑑定士による鑑定評価額は、不動産評価の唯一の国家資格である不動産鑑定士が、不動産鑑定評価基準で定められた手順に従い、基本的事項の確定、対象不動産の確認、地域分析、個別分析等の分析を行って、不動産鑑定評価基準に定められた各手法を適用して理論的に価格を求めたもので、客観的かつ適正な不動産の価格を証明するものとして、公的に通用力のある唯一のものです。不動産は非常に個別性の強いものであり、不動産鑑定士が不動産市場を十分に分析し、適切な手順を踏まえて評価した鑑定評価額が、税理士が税務上査定した価格と異なり、相続税、不動産の交換、同族間売買等において、不動産鑑定評価を活用することで節税効果が期待できることが多くあります。
相談だけでもいいですか?
もちろん結構です。お気軽にご相談ください。
不動産に関することならどのような内容でも大丈夫です。村木アセット・コンサルタンツではお客様の現状に応じた最適なアドバイスを致します。
その上で鑑定評価がお役に立つ場合には、鑑定評価をご依頼いただければと思います。また、必要に応じて、お客様の状況を解決するのに最適な専門家をご紹介いたします。 
・匿名でも結構です。
・相談内容は守秘義務規定に基づき、秘密保持をお約束いたします。
鑑定評価はどのような場合に必要になりますか?
鑑定評価書は不動産に係わる様々な場面で重要な参考資料となります。
当ホームページの「鑑定評価のメリット」をご参照ください。
納品までの日数は?
評価内容や対象不動産により異なりますが、通常は資料が揃ってから2~3週間程度を目途としております。
お急ぎの場合には個別に対応致します。複雑な案件や特殊案件等は日数を要する場合もありますので、お早めにご相談ください。
鑑定評価に必要な資料は?
通常は、土地・建物登記簿*、公図*、地積測量図*、建物図面*等および固定資産評価証明**か納税通知書の写し**等が必要です。
さらに、収益物件の場合には、建物賃貸借契約書、賃貸借一覧表、管理委託契約書、修繕実績、修繕計画書、損害保険料、収支実績等が、借地権の場合には土地賃貸借契約書が必要になります。 上記資料が揃わない場合でも、ご相談に応じますのでお問い合わせください。
*対象不動産が所在する市区町村の管轄法務局で取得できます。
 登記簿謄本は1件1,000円、その他は1件500円です。
**対象不動産が所在する市町村役場の資産税課(東京23区の場合は都税事務所)で取得できます。固定資産評価証明・納税通知書の写しは1件400円です。
鑑定評価にはいくらほどかかるのですか?
弊社が発行する成果物に応じて、以下が目安となっております。
意見書5万円~
価格調査10万円~
鑑定評価書20万~
対象不動産の規模や権利関係等によって費用は異なります。見積りは無料となっておりますので、まずはお気軽にご相談ください。
全国どこでも不動産を評価できますか?
全国どこでも対応可能です。
村木アセット・コンサルタンツは、関西を中心に鑑定業務を行っておりますが、全国各地の不動産も鑑定しております。業務提携等を行っている各地方の不動産鑑定士との連携のもと、迅速かつ精緻に全国各地の不動産を鑑定評価しております。
但し、通常の費用とは別に旅費や宿泊費等が必要となる場合がございますので、費用等はお問い合わせください。
山林や田・畑を鑑定評価してもらうことができますか?
山や田・畑も鑑定評価致します。
但し、山林は所在や範囲の確定に時間を要する場合等があり、山林・農地とも取引事例の収集に時間を要する場合等がありますので、まずはお気軽にご相談ください。
ページの先頭へ